境内のご案内


【ご参拝】

一の大鳥居をくぐって、表参道100mを大神様の御神威と木々の息吹を受けて心静かにお進みください。
二の鳥居をくぐると石畳が皆様を誘います。


神社外観

手水舎で手を洗って身を清めます。
先ず左手、右手とすすぎ、左手に水を受けて口をすすいで
最後に今一度左手をすすいでください。


手水
手水舎



【御神橋】

神様のお渡りになる真ん中は太鼓橋、結界で通れません。
左右の平橋をお渡りください。

御神池の東には「水天宮さま」をおまつりする小祠が鎮まります。
西には「龍神さま」をおまつりし、縁結び、金運向上の御利益。

参道左手には青銅製の「神馬(しんめ)」が皆様を迎えます。
大神様の乗る馬で、韓國(からくに)に旅して日本に檜・杉・楠などの木種をもたらしました。
「足腰丈夫は薬いらず」
足や膝の悪い方はその部分を撫でてください。


神馬
青銅製の神馬(しんめ)

こひがん桜が左近に。
神馬近くに御神木の右近の橘があり、冬に黄色の可愛い実をつけます。
この木は大正時代に皇居に参内の際実をいただき育てた木です。


神前に青銅の高麗犬が一対。昭和50年を奉祝し鳥居と共に奉納されました。


高麗犬
青銅製の高麗犬

御社殿大前二拝二拍手一拝の作法でお参りください。
「招福鈴」があります。ご加護益々にと祈念して振ってください。

東に『天王稲荷神社』が鎮まっております。
商売繁盛、家運隆盛の神様です。


稲荷神社
天王稲荷神社

神楽殿隣の『天神の丘』には、石宮が12鎮まり、左から順にそれぞれ十二支にあたります。
学業成就、叡智向上の御利益です。




【社務所】

御祈祷の受付、御守や御神札の頒布を行います。
御祈祷をお受けの方は控室にてお休みくださり、
渡廊(わたろう)の手水にて身を清めて御社殿内にお進みいただきます。




【トイレ、ベビールーム】

参集殿南にトイレ、多機能トイレ、ベビールームがあります。


トイレ・ベビールーム
ベビールーム



【神苑】

境内から自動ドアを入ったロビーをまっすぐ抜けていただくと、神苑がございます。
クジャクや鯉などがおりますのでご覧になってください。